破産が二度目の場合の注意点

自己破産は、債務整理の一種であり、すべての借金を帳消しにできる手続きです。
もちろん、強力な効果があるので制限も強く、デメリットも大きいです。
借金が返済困難な状態にある人でなければできないうえ、自己破産をするとすべての資産を失うことになります。
自己破産には、免責不許可事由というものがあり、これに該当する場合には借金を帳消しにすることができません。
免責不許可事由には、ギャンブルや浪費で借金を作った場合、前回の自己破産から7年が経過していない場合、不正な手段でお金を借りた場合などが該当します。
二度目の人は、7年が経過しているかどうかが分かれ道になります。
前回から7年が経過していれば二度目でも問題なくすることができます。
しかし、二度目の自己破産であり、さらに他の免責不許可事由に該当している場合には、免責が認められない可能性が高くなります。
前回から7年が経過していない場合でも、裁判官の裁量によって認められる場合があります。
しかし、前回借金をすべて帳消しにしてもらったのに、それから7年が経過していないうちにまた借金を作ってしまい、それが返済困難になってしまったというのは、かなりのレアケースです。
悪質と見なされて免責が認められない可能性も高いでしょう。
親の借金を相続してしまったとか、やむを得ない理由がある場合には裁判官の裁量によって免責される可能性もあるので、弁護士などに相談をしてみましょう。