破産をするときには敷金も

敷金というのは、要するに原状回復代の先渡しになります。
ですから、退去する時には問題がないのであれば、返還されることになります。
破産をするときには、こうしたお金も返済に充てる必要があります。
一つの資産でもありますから、敷金も還ってくるのであれば、それはそのまま使う必要があります。
但し、敷金なんて大したことがないことも多く、そもそも破産をしても現金は99万円までは持っていて良いことになっていますから、その金額程度は返済に充てるまでもない、という状況もあります。
このあたりは破産をする時に弁護士などに聞いて見たほうが良いでしょう。
残して良い財産と必ず渡す必要がある財産と色々とあります。
ちなみに自営業や企業の場合、テナントの敷金に関してはそのまま返済に充てられることが多いです。
これは金額が結構な物になっていることが殆どであるからです。
少しでも返済をして欲しいと考えるのは当たり前であり、その為に余分な資産、資金があれば少しでも洗い出そうとするのは当然であり、また、管財人たる弁護士もすべての財産を把握私用とします。
その時に敷金を忘れずに申告することです。
隠すことは駄目ですし、それはろくなことにならないです。