個人再生手続きの流れ

このままだと借金の返済が不可能になりそうだというときは個人再生手続きを利用することをおすすめします。
個人再生手続きが認められると借金を大幅に減額することが可能となります。
さらに住宅ローンの特則があるため、家に住み続けることもできます。
個人再生手続きのおおまかな流れを説明します。
手続きを利用するにあたって条件があります。
返済不能になるおそれがあることと、継続的に収入が得られる見込みがあることが必要です。
また、借金の総額は5,000万円以下でなければなりません。
個人再生は裁判所に申し立てます。
裁判官の面接のあと、開始決定がなされ債権や財産の調査が行われます。
その過程で再生計画案が作成されます。
基本的に3年かけて借金を返していくことになります。
なお、事情があれば5年まで延長可能です。
その後、債権者の意見を聞いた後に再生計画が認められます。
しかし、所得の状況から借金の返済が困難である場合などは再生計画の廃止・不認可決定が行われます。
また、期間内に書類の提出が行われなかった場合も廃止・不認可決定となります。
個人再生の手続は書類が多く複雑です。
廃止・不認可決定を受けたくなかったら弁護士に相談したほうが無難です。