任意整理時に支払う預り金とは

任意整理を開始すると、弁護士や司法書士から手数料や着手金とは別に、預り金というものを支払う必要があります。預り金は弁護士などに支払う報酬とは別に、任意整理で利用される和解書などの実費に使用されたり、返済用の口座として利用されるものです。
任意整理で和解が成立した後は、弁護士などを通じて、各債権者への支払いをしていくのですが、この時に利用されるのが預り金専用口座で、報酬と混同しないように分けられています。
和解成立後に専用口座からお金が振り込まれ、債権者に支払うことになるため、確実に返済をするためほとんどが契約直後に請求されるようになります。
任意整理は裁判所を通さずに専門家が間に立って交渉を行うものですが、個人の返済では債権者も納得しないことが多いため、弁護士などが保証人のような役割を持って返済することを約束し、和解できるように進めていくのです。
専門家からすれば振込代行をすることは非常に手間がかかるうえ、管理が面倒ということもありますが、代理人として立つことで債務者が病気やケガで動けなくなっても対応してもらえるという大きなメリットが生まれます。
そのため、弁護士や司法書士と契約して和解できたからといって、そのままにはせず、定期的な連絡を行っていくことが大切になります。