クレジットカードのキャッシング枠とは?

クレジットカードの中には、ショッピング枠とキャッシング枠があります。
クレジットカードが届いた時や請求書が届いた時に記載されていて、見たことがあるのではないでしょうか?
枠というのは、クレジットカードの利用限度額の内訳で、ショッピングで使える限度額と、キャッシングで使える限度額が用意されているということです。
私たちがもっとも使っているのはショッピング枠で、例えば60万円までショッピング枠が用意されているなら、60万円分の買い物がクレジットカードで可能であるということになります。
キャッシング枠とはキャッシング、つまりクレジットカードで引き出すことができる現金の限度額のことです。
キャッシングはクレジットカード会社に現金を借りたことになり、クレジットカードのショッピング枠と違い、金利手数料が必要になります。
キャッシング枠はスタート時、0円~10万円程度、利用できるようになっています。
クレジットカードの総利用額の7割以上はショッピング枠が占めているのですが、最近は総利用額という表記で、ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれているという状態がほとんどです。
たとえば、総利用額が60万円のクレジットカードがあります。
ショッピング枠は60万円で、キャッシング枠は10万円です。
もしもショッピングで30万円を使用した場合、ショッピング可能額は30万円、キャッシング可能額は10万円という形になります。
しかし、キャッシングで5万円使用した場合は、ショッピング可能額が55万円、キャッシング可能額が5万円と、ショッピングで利用できる金額も減少してしまいます。
もしキャッシングで10万円使用していて、ショッピングで60万円使用しようとしても、50万円までしか利用することができないということになります。
この上限金額を変更するためには、クレジットカード会社に連絡をする必要があります。
しかし、クレジットカードのキャッシング枠はあまり利用しないに越したことはありません。
実はクレジットカードのキャッシング枠は、もともとショッピングに使用するオマケ的なもので、キャッシング利用時の手数料が非常に高いです。
しかも銀行や消費者金融でローンを組むとき、ショッピング枠を利用していると審査がなかなか通らないということもあり、基本的には使用しないほうがいいです。
即日融資をするなら、アイフルでお金を借りるほうがいいです。
キャッシング枠はどうしても現金が必要です。
特に海外旅行などで必要になった場合などの緊急時に使用するものですので、利用限度額はできれば0円、もしもを考えても5万円程度にとどめておきましょう。

クレジットカードの分割払いやリボ払いは一本化できる!

おまとめローンは、主に多重債務者を対象とする、新規のローン契約により、複数の借金を一本化することを目的とした、借り換えローンのことをいいます。
借金を一社にまとめることで、借入金額があがることから、金利が下がり、月々の返済額や返済総額も減額になるのが普通です。
そして、おまとめローンの対象は、銀行や消費者金融のカードローンだけではありません。
クレジットカードのキャッシング枠や、分割やリボ払いにしているショッピングの残金も、おまとめローンにすることができます。
おまとめローンを利用することで、返済先が1カ所になり、返済計画が立てやすくなるだけでなく、返済期間を長く設定しなければ、複数の借入先への返済を続けるより、月々の返済額や金融機関に支払う利息を下げることができます。
リボ払いは便利ですが、相当な手数料を徴収されているので、おまとめローンにして、余計な利息を払わないようにするのがおすすめです。

マイカーローンやショッピングローンの一本化には注意が必要

ローンを組む時に、マイカー購入やショッピングなどの目的があり、フリーローンを利用している人も多いと思います。
そうしたマイカーローンやショッピングローンを一本化する場合には、注意が必要です。
というのも、通常のカードローンの場合は、くり上げ返済や一括返済しても、手数料が発生することがないのが一般的です。
ですが、マイカーローンやショッピングローンの場合、使途が明確な分、金利を安く設定していることが多いので、一括返済をする際に、手数料が発生することがあります。
その手数料を払っても、おまとめローンとして一本化した方がメリットが大きいといえるのか、きちんとシミュレーションしてみることが大切です。
おまとめローンに一本化することにとらわれて、月々の返済額は下がったものの、返済期間が長引いて、返済総額が上がっているという人も少なくありません。
おまとめローン本来の意味でいうと、それなら借り換えない方がよいのです。
マイカーローンやショッピングローンの返済を続けた場合の返済総額と、手数料を払って一本化した場合の返済総額を比較して、メリットがあることを確認してから、申し込むようにしましょう。
また、おまとめローンは返済専用で、通常のカードローンのように利用限度額内で追加融資が受けられないことも、念頭において借り換えてください。